オール電化に関する用語について、詳しく丁寧に解説するサイト『オール電化の用語集』
オール電化に関する用語について、詳しく丁寧に解説するサイト『オール電化の用語集』

オール電化住宅とは、暖房、給湯、調理などの熱源を含め全てのエネルギーを電力で賄う、
次世代住宅のことです。
クッキングヒーターや蓄熱式電気暖房は、利用の際に燃焼部分がないので二酸化炭素等の
燃焼ガスの発生がなく、室内の空気を清潔に保つことができます。
コストも時間帯によって電気料金の変わる時間帯別電灯契約などを活用することで、電気代
を節約することが可能となります。
また家の中で火を扱うことがなくなるので、火災発生のリスクが低減し、一定の条件が満た
されれば火災保険の保険料も軽減されます。
このサイトではオール電化に関する用語について解説をしています。
この新しいライフスタイルに興味のある方はぜひお読み下さい。

IH

InductionHeatingの略称で電磁誘導加熱のことです。

季節別時間帯別電灯

季節や時間帯によって電力量料金の単価を変えた契約タイプです。東京電力では「電化上手」、関西電力では「はぴeタイム」の名称で提供されています。

床暖房

床暖房とは、床を加温することで生ずる熱伝導、対流および放射によって暖房効果を得る、暖房方法のことです。

太陽光発電

太陽電池を利用し、太陽光のエネルギーを直接的に電力に変換する発電方式です。ソーラー発電とも呼ばれます。

IHクッキングヒーター

磁力線の働きで鍋自体を発熱させて調理を行う電磁調理器です。鍋底全体を直接加熱するので周囲に熱が逃げにくく、熱効率が高いのが特徴です。

従量電灯

通常の電力会社との契約で、24時間同一の単価契約です。